医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2019/08/29
オンライン診療の実績ある医療機関の3分の2が「コストに見合わない」と回答

 平成30年度診療報酬改定では「オンライン診療料」等が創設されましたが、6月12日に開催された厚生労働省の中央社会保険医療協議会総会で、平成30年度改定検証調査の結果の一部が公表され、この中で、オンライン診療に対する現場における実感が明らかになりました。

 同調査では、オンライン診療に関する考え方を、「オンライン診療の届出あり」(母数:77医療機関)、「(うち)オンライン診療の実績あり」(同、12医療機関)、「オンライン診療の届出無し」(同、429医療機関)の別で集計したものです。

 同調査結果での、各グラフ中段の「(うち)オンライン診療の実績あり」の調査結果に注目すると、

  • 「オンライン診療では対面診療と比べ十分な診察ができない
     ⇒ 「そう思う」と回答した割合は、63.5%
  • 「オンライン診療に適した状態の患者は少ない
     ⇒「そう思う」と回答した割合は、66.7%
  • 「オンライン診療を行うメリットが手間やコストに見合わない
     ⇒「そう思う」と回答した割合は、66.6%
と、いずれも約3分の2を占める結果となりました。

 同会は、「オンライン診療は、対面診療と補完的に組み合わせることで、医療の質の向上に資するものについて、普及状況の検証結果等を踏まえ、診療報酬上の対応を検討してはどうか。」として、今後、指針の改訂等の検討を進める方針です。


 調査の詳細は、以下のサイトでご確認ください。


厚生労働省「中央社会保険医療協議会 総会(第416回)
資料「医療におけるICTの利活用について


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 グループ業務内容
栃木県足利市本城2-1901-8
TEL:0284-41-1365(代)
FAX:0284-41-1340

 
 
バナー【本部】
バナー【会計】
バナー【相続】
バナー【労務】